村井國夫 軽い心筋梗塞で年明けの舞台降板「1か月安静」の診断

2019年12月16日 15時08分

村井國夫

 ベテラン俳優の村井國夫(75)が来年1月16日から上演される舞台「黄昏」(紀伊國屋ホール)を降板することが16日、分かった。主催・製作のシーエイティプロデュースが発表した。

 村井は同舞台で、ノーマン・セイヤー・ジュニア役で出演予定だったが「軽い心筋梗塞を患い、1か月の安静との診断がおりました」と降板の経緯を説明。「村井さんのご出演を楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございません」と謝罪した。

 なお、代役は文学座の石田圭祐(64)が務める。

【関連記事】