「PRODUCE 101 JAPAN」最終選考で11人デビュー決定

2019年12月11日 22時40分

「JO1」としてデビューする11人

 大型オーディションプロジェクト「PRODUCE 101 JAPAN」の最終選考が11日、千葉・幕張メッセで行われ、ボーイズグループ「JO1」としてデビューする11人がお披露目された。

 韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送された大ヒットサバイバルオーディション番組の日本版。最終選考の模様はTBS系列で生中継され、視聴者が“国民プロデューサー”として101人の練習生の中から推しメンに投票し、勝ち残ったメンバー11人がデビューにこぎつけた。

 約6000人の応募の中から、9月に練習生として選ばれた101人で番組はスタート。この日、20人のファイナリストがデビューをかけて最後のパフォーマンスを披露した。

 視聴者投票の結果、26万1583票を獲得し、見事1位に輝いた豆原一成(17)はグループ最年少。「国民プロデューサーの皆さんのおかげ。支えてくれた家族、みんなに感謝したい。これからも応援よろしくお願いします」と歓喜の涙を流しながらコメントした。

 JO1は、来年のCDデビューとソフトバンクのCM出演が決定している。

【関連記事】