“リーチ主将”RG ウケないマスコミに「稲垣選手が多い」

2019年12月11日 16時21分

左からユースケ、津田篤宏、RG、若槻

 タレントの若槻千夏(35)、お笑いタレントのレイザーラモンRG(45)らが11日、東京・千代田区の商業施設「KITTE」で「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020」にゲストとして出席した。

 住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」主催のイベントで、本当に住みやすい街のトップ10が発表された。大賞には埼玉・川口市が選ばれ、埼玉出身の若槻は「どこの街も住みやすそうで、子供のための環境も整っている。1位が川口でうれしい。でも、埼玉県民は川口市を東京だと思っている」とジョークで笑わせた。

 会場の近くでは、ワールドカップで初のベスト8入りを果たしたラグビー日本代表の「ワンチームパレード」が正午から行われたこともあり、ゲストらはリーチ・マイケル主将(31)に扮したRGを先頭に登場した。

 RGは「ラグビーの歩き方で来たけど、皆でスベった。ごめんね。今日は笑わないマスコミだった。稲垣選手が多かった」と笑わせると、発表されたトップ10について「リーチ・マイケルさんがカフェをやっている府中が入っていなかった」と悔しがった。

【関連記事】