舛添要一氏 日本メディアの韓国関連報道に苦言「韓国にも人権やプライバシーはある」

2019年12月11日 12時28分

舛添要一氏

 前東京都知事の舛添要一氏(71)が11日、ツイッターで韓国に関しての日本メディアの報道について苦言を呈した。

 舛添氏は、先月24日に韓国・ソウルの自宅で自殺した元ガールズグループ「KARA」のク・ハラさん(享年28)について「日本のTV局が自制なき現地レポートをして批判されている」と指摘。「大韓航空のナッツ姫に関する報道でも、不法侵入のごとき狼藉ぶりだった」とつづった。

 その理由を「視聴率競争が理由だろうが」と指摘し、さらに「韓国をまだ植民地の如く見下し、何をしてよいと思っているのではないか。韓国にも人権やプライバシーはある」と主張した。

【関連記事】