【THE W】「3時のヒロイン」福田麻貴 次は「男の人もいる賞レースで勝ちたい」

2019年12月10日 00時01分

3時のヒロイン(左からゆめっち、福田麻貴、かなで)

「女芸人No.1決定戦 THE W 2019」が9日、都内で行われ、お笑いトリオ「3時のヒロイン」(ゆめっち=25、福田麻貴=31、かなで=27)が「三代目女王」に輝き、賞金1000万円と大会を生中継した日本テレビの「番組出演権」を手にした。

 600組以上がエントリーした「THE W」は、予選を勝ち抜いた10組がこの日のファイナルに進出し、AブロックとBブロックに分かれて勝ち抜き方式でネタ対決。Aブロックを勝ち上がった「3時のヒロイン」は、Bブロックを勝ち上がった「はなしょー」を破り優勝した。

 第1回、第2回開催ではともに準決勝敗退で涙をのんだ3人。昨年の敗退後には「毎月ネタ見せをやって、ケンカみたいなこともよくあった」(福田)という。しかし、最年長でネタも作る福田がゆめっちとかなでを引っ張って、念願の女芸人の頂点に立った形だ。

 しかし、これで満足してはいない。福田は「女芸人の頂点に立ったけど、男も含めた中ではまだまだ力不足。今のスキルでは届かないので、次は男の人もいる賞レースで勝ちたい」と早くも新しい目標を掲げて、さらなる快進撃を誓った。