沢尻エリカ容疑者の自宅からLSD 本紙昨報“当局の隠し玉”これだった

2019年12月06日 12時00分

本紙昨報“当局の隠し玉”これだった

 麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者(33)の事件で6日、警視庁組織犯罪対策5課が自宅から合成麻薬LSDを押収していたことが捜査関係者への取材で分かった。合成麻薬MDMAを所持したとして逮捕された沢尻容疑者。6日の勾留期限が迫る中、組対5課が起訴への補強材料となる“隠し玉”の薬物を押収していたと本紙は昨報したが、それがLSDだった。

 捜査関係者によると、自宅で見つかったのは、LSDを染み込ませた紙片。沢尻容疑者は所持を認めているという。組対5課は、MDMAを共に所持したとして、11月26日に同法違反の疑いで逮捕した元交際相手のファッションデザイナー横川直樹容疑者(38)が関与しているとみて、入手ルートを調べている。

 組対5課は11月16日朝、沢尻容疑者が東京都渋谷区のクラブから帰宅すると同時に自宅の捜索を始め、紙片を発見。鑑定の結果、LSDと判明した。MDMAを含む粉末が入ったカプセル2錠も押収している。ただ、沢尻容疑者の尿鑑定で、MDMAやLSDなどの成分は検出されていない。

「アシッド」とも呼ばれるLSDは強烈な幻覚作用があり、乱用すると精神障害を起こすことがある。錠剤やカプセル、染み込ませた紙片が出回っているという。

 東京地検は沢尻容疑者をMDMAの共同所持で起訴する方針を固めたとされる。前出の尿鑑定の結果に加え、逮捕容疑の所持も量が少ないことから「不起訴」説も報じられた。そんな状況で組対5課の押収物がLSDと判明。取り調べに対し沢尻容疑者は「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」と供述していたが、LSD押収でその供述が裏づけられたことになる。

 沢尻容疑者は6日にも保釈されるとの情報も流れているが、LSD所持で勾留のさらなる延長はあるのか。

【関連記事】