加山雄三 免許返納のきっかけはゲーム「衰えていることに気がつかないといけない」

2019年12月03日 11時07分

加山雄三

 歌手の加山雄三(82)が3日放送のフジテレビ系「とくダネ!」にVTR出演。運転免許返納のきっかけを明かした。

 加山は先月8日に軽い脳梗塞を発症し、入院。同19日に退院し、フジテレビの番組収録で現場復帰した。番組ではMCの小倉智昭(72)が加山を直撃。加山は兆候から治療、復帰までを打ち明けた。インタビューでは高齢ドライバー問題に言及。加山は9月16日、自主的に運転免許を返納した。「加山さんは大丈夫じゃないの」という小倉に「侮ってはいけない。絶対に高齢になった時の判断力は、自分でやってみりゃ、すぐ分かりますよ。衰えていることに気がつかないといけない。80歳になったらもうダメですよ」とキッパリ。

 衰えに気づいたのは趣味のゲームだった。加山は「ゲームの反応が悪くなった。あれ、何でだろう?点数が伸びない。それで反射神経とかだいぶ鈍くなったって思った。それが運転とか全部に影響すると悟った」と力を込める。免許返納に「家内は大賛成した」という。