松たか子&神田沙也加“姉妹”で「アナ雪2」初観賞

2019年12月02日 20時11分

神田沙也加(左)と松たか子

 女優の松たか子(42)、神田沙也加(33)が2日、都内で映画「アナと雪の女王2」の大ヒット記念イベントに出席した。

 世界的大ヒット映画「アナと雪の女王」(日本は2014年公開)の続編。先月公開され、2週間で興行収入43億円を記録するなど、前作同様に大ヒット確実だ。前作に続いて松はエルサ役、神田はアナ役で日本版に“出演”している。

 久しぶりのエルサとアナ姉妹の揃い踏みに、神田は「こういう場で松さんと一緒の場に立たせていただくというのがうれしいですね。姉妹揃えて」と笑顔を見せた。

 すでに公開されているが、2人はなんとこの日まで映画を見ていなかったという。そこでイベント前に、映画館にこっそりと観賞に出かけた。

 松が「私たちずっと見ていなくて。公開前に見られなくて。先ほど都内某映画館で一緒に見に行きました。見てない体でここに立つのは失礼かなと」と言えば、神田も「待ち合わせして見に行きました。(エルサが)隣にいるので貴重でした」と明かした。

 前作はエルサが歌う劇中歌「レット・イット・ゴー」が空前の大ヒットとなった。今作でも同じくエルサ歌唱の「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」が早くも音楽チャート1位を総なめにしている。

 伸びやかな高音パートが特徴的で、歌唱した松は「できるとかできないとかじゃなく、やらなきゃいけないみたいな。(神田が)連絡をくれて。『姉さん、大変な曲になっています。(英語オリジナル版のエルサ役)イディナ・メンゼルが限界に挑戦したらしいです』と。なに限界に挑戦しているんだと(思った)」と冗談交じりに明かした。