りんごちゃん 昨年Xマスの悲しい思い出披露「この恋は違うなと」

2019年12月02日 16時14分

 ものまねタレント・りんごちゃんが2日、都内で行われた映画「ラスト・クリスマス」(6日公開)の公開記念トークイベントに登場した。

 今年の顔としてゲストに呼ばれたりんごちゃんは「ラスト・クリスマス」にちなんで、昨年のクリスマスの思い出を聞かれ「バーの店員さんにひと目ぼれしていた。でも、その店員さんが他のお客さんと楽しく話しているのを見ていたら、この恋は違うなと思って諦めてしまった。去年の12月22日にタクシーの中で、幸島美登里さんの『サイレントイブ』を聴きながら泣いて帰った」と悲しいエピソードを明かした。

 りんごちゃんといえば今年、持ちネタのギャップものまねで大ブレーク。「今年は毎日が初めての経験で刺激的だった。いろんな人に助けられて駆けぬけてきたと思う。感謝しかない」と振り返った。

 映画は、1980年代のワム!の大ヒット曲「ラスト・クリスマス」から生まれた、英国・ロンドンを舞台にしたラブコメディー。りんごちゃんは「ラスト・クリスマス」を歌いながら、豪快に武田鉄矢のものまねなどを披露し会場を笑わせた。