紗倉まな「もうちょっとしっかりしたい」と“脱ポンコツ”宣言

2019年12月01日 17時56分

イメージキャラクターに起用された紗倉まな

 セクシー女優の紗倉まな(26)が1日、東京・渋谷区のSHIBUYA109のアパレルブランド「SPINNS」で行われた女性限定イベントに登場した。

 ソフト・オン・デマンドと若い女の子向けの同ブランドがコラボ。そのイメージキャラクターに紗倉が起用され、スエットなど8商品が発売された。

「9割くらいが男性」とファン層を自認しているだけに、若い女の子の聖地で女性限定イベントを開催したことに「ヤバいところに来ちゃった」とアウェーを実感。それでも「新鮮な感じ」と刺激を受けた様子だ。

 改元した2019年もあと1か月になった。今年を「ポンコツな一年だった」と肩を落として反省。AbemaTVのワイドショー番組「Abema Prime」で金曜アンカーを務めているが「人の目を気にしすぎたり、自信を持てなくなったりしたせいか、意見がまとまらなくなった」とうまく発言できず「泣いて帰った」という。

 その自宅も「荒れている」と“汚部屋化”しているそうで「来年はもうちょっとしっかりしたい。脱ポンコツ!」と誓った。