橋本マナミが結婚生報告「梅沢さん、すみません」

2019年11月28日 22時25分

橋本マナミ

 27日に年下の勤務医男性と結婚したタレント・橋本マナミ(35)が28日、TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演し結婚を生報告した。

 木曜レギュラーの橋本は「ご結婚、おめでとうございます」と祝福されるとはにかみながら会釈。結婚発表後、初の生放送と紹介されると「ダンディにとっておきました」と話した。

 橋本は結婚後の気持ちを聞かれると「特に変わらないんですよ。いろんな人から『おめでとう』と言われるのはうれしいんですけど、やっぱり30代半ばなので、あまり結婚に楽しみという感じもないですし、いろいろあるんだろうな、乗り越えてなくちゃなって思います」と冷静に心境を語った。

 共演陣にも交際を知らせていなかったが、発表の前日にタレント・内山信二(38)は楽屋で「恋してるんでしょ」と声をかけてきたという。内山のほかに、みのもんた(75)も「ずっと『誰か、いい人いるんでしょ』と声をかけていました。気づく人は気づくんですね」と打ち明けた。

 番組では出会いからゴールイン、結婚の条件などを紹介。最後に「実は梅沢さんには報告していなかった」と、舞台でお休み中の梅沢富美男(69)に知らせていないことを発表。橋本と梅沢は番組スタートからの長い付き合いで、食事にも連れていってもらう仲だが、橋本は「まだ、報告してないです。7年ぐらいお世話になっているんですけど、電話番号を知らないんです」と説明した。「頑なに教えなかったんですか」の質問に「はい!」と即答。カメラに向かい「梅沢さん、すみません」と謝罪するとスタジオは笑いに包まれた。