沢尻エリカ容疑者“高速ヤク直買い”疑惑 9月に中央道・双葉SAで怪行動

2019年11月29日 11時00分

沢尻エリカ容疑者は複数の入手ルートを持っていた?

 高速道路のSAで自ら売人から買い付けた!? 合成麻薬「MDMA」を所持した麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者(33)に新たな重大疑惑がささやかれている。当局は交際相手のデザイナー・横川直樹容疑者(38)を同容疑で逮捕し、入手ルートの全容解明を目指しているが、薬物キャリア10年以上の沢尻容疑者の調達先が一つとは限らない。そんななか、女性誌報道を機に、自ら売人の元に買い付けに行く“直買い疑惑”が浮上している。

 沢尻容疑者の交際相手とされる横川容疑者が26日に逮捕されたのにはワケがある。

 沢尻容疑者の自宅から発見されたのはMDMAのカプセル2錠。同容疑者は「彼氏から預かったもの」と供述していると一部で報じられたが、正確には「彼氏から渡された」だった。

 これにより、嫌疑がかかっているMDMAにおいては、横川容疑者を通じて入手したことが決定的となった。

 取り調べに“完落ち”したとも言われる沢尻容疑者だが、捜査関係者によれば「横川容疑者から『渡された』と話す一方で、そのMDMAがどうやって横川容疑者に流れたのかまでは把握していない印象だ。演技かもしれないがね」。

 そこで今度は横川容疑者に“突き上げ捜査”を行い、違法薬物をばらまく“元締め”の存在を特定するつもりだという。

「沢尻容疑者の逮捕と同時に何人も身を隠している。今月上旬には、彼女の周辺に薬物を提供していた売人の一人が逮捕されていたという情報もある」(関係者)

 とはいえ、沢尻容疑者の入手ルートが一つとは考えにくい。なにせ「10年以上前から大麻やコカイン、LSDも使用していた」と白状したゴリゴリのジャンキーだからだ。TPOに応じて複数の入手先を使い分けていた可能性は十分ある。

 そんななか、業界がザワついたのが「女性自身」12月3日号の記事だ。それによると、9月4日の午前中、沢尻容疑者自ら車を運転し、中央自動車道を使って長野方面に向かい、途中で山梨県の双葉サービスエリア(SA)で休憩を取った。下車した同容疑者は買い物をしたり、トイレに行ったそうだが、再び車に乗り込むや猛スピードで同SAを後にしたという。

 ここで思い出されるのが、2016年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博氏だ。薬物を入手する際に、売人と高速道路のインター付近やSAで落ち合い“直買い”していたといわれている。

「都内は警官の数が多いし、監視カメラがあるのでバレる確率が高い。そこで利用されるのが、監視カメラの設置ができないインター付近のラブホテルやSA内のトイレ。沢尻容疑者が双葉SAでトイレに行ったのは気になりますね」(薬物事犯に詳しい人物)

 同誌によれば、沢尻容疑者が帰宅したのは翌日の夜。服装はインナーのTシャツだけが変わっていただけだったという。

「ほぼスッピンにサングラス。服もラフな感じで、オシャレな店で食事したり、人に会うような格好ではない。何らかの個人的な“隠密行動”をしていたように見受けられる」とはワイドショー関係者。

 沢尻容疑者の入手ルートの一つに、清原氏の“群馬ルート”(北関東ルート)が浮上していることは本紙既報通り。双葉SAは群馬に出るにはちょっと遠いが、逮捕されてしまった以上、トイレに寄っただけだとしても、“直買い疑惑”という誤解を受けてしまうのかもしれない。