愛之助舞台で復帰する今井翼の気になる回復具合

2019年11月26日 17時00分

片岡愛之助

 メニエール病の治療のため芸能活動を休止し、2018年9月にジャニーズ事務所を退所した元「タッキー&翼」の今井翼(38)が、歌舞伎俳優・片岡愛之助(47)主演の第10回システィーナ歌舞伎「NOBUNAGA」(来年2月13~16日、徳島・大塚国際美術館)で舞台復帰する。本人は意欲的に取り組んでいるという。

 14年11月にめまいなどの症状を訴えた今井は、病院の検査の結果メニエール病であることが判明。体調は回復したが昨年3月に再発し、治療のため芸能活動を無期限休止としていた。

 25日、都内で同公演の会見が行われたが、今井の姿はなし。会場では「おかげさまで順調に体調も回復しており、来年2月の公演に向けて、さらに万全を期して準備してまいります」と本人のコメントが読み上げられた。今井と公私を共にする仲だという愛之助も「体調面での不安はない。会ってご飯も食べに行くけど、顔色も良い」と明かした。さらに「翼くんは本当にマジメで取り組みが早い。真摯でちゃめっ気もあって。フラメンコが得意なので教えてもらったり、逆に僕が歌舞伎のことを提案したりする」とし「持ちつ持たれつの関係です」。

 芸能プロ関係者は「ジャニーズ退所組が次々とSNSのオフィシャルアカウントで活動を発信しており、刺激になっている。本人も今年11月にインスタグラムを開設し、頻繁に投稿している。会見後は早速今回の舞台復帰を報告した。問題は体調ですね」と指摘する。

 作・演出を担当する水口一夫氏も「翼さんは初めての舞台なので、どれくらい体力が回復しているか。相談しながら」とコメント。まだ今井の配役は決まっていないという。

 本人の意欲は高いだけに、万全の体調で公演を乗り切りたいところだ。