Matt化高評価で引っ張りだこ 一流芸能人と認められた“有名税”とは

2019年11月25日 17時00分

中山競馬場のイルミネーション点灯式に参加したMatt(左)と朝日奈央

 タレント・Matt(25)の株が急上昇中だ。父が元プロ野球の桑田真澄氏と公言してメディアに露出し始めた当初は、親の七光とやゆされてきたが、最近は評価が一変し、引っ張りだこになっているという。

「当初はただのイロモノだと思われていましたが、子供のころからやっていたピアノはプロ級の腕前と称され、顔写真をMattに似せて加工する『Matt化』も画像加工技術が映像クリエーターたちから高い評価を受けています。奇抜なメークで勘違いされがちですが、中身はお父さん同様に本物」(テレビ関係者)

 合成麻薬MDMAの所持で沢尻エリカ容疑者が逮捕された直後にも、Mattが一流と認められたエピソードがあった。あるコメンテーターがテレビで薬物使用の疑いがある人物を問われ「衝撃的なんですけど、某プロ野球選手の息子さん」と発言したことで、ネット上ではMattを疑う声が多数上がったのだ。

 前出の関係者は「名前を出されたわけではないのにネット上で疑われたのは、ある意味で有名税」と解説。Mattはインスタグラムで「僕はクリーンです」とキッパリ否定したが、あることないことをネット上で書き立てられるのは世間に一流芸能人と認められているからこそだろう。

 そんなMattは24日、タレントの朝日奈央(25)と千葉・中山競馬場で「中山競馬場イルミネーション点灯式」に登場。Mattが全身白、朝日が全身赤のクリスマスカラーの衣装で登場し、24万個の電飾があしらわれたツリーを点灯した。

 Mattは朝日の顔写真を“Matt化”。普段は素に近い薄いメークの朝日をハーフ美女のように変身させ、朝日を「えっ、待って! これホントに私? これ見てから本物の自分を見たらキツイですよ!」と驚嘆させたが、今後もその才能で驚かせてくれそうだ。