ニジマス ツアーファイナルで3大発表!6月6日に東京ドームシティホール進出

2019年11月25日 11時49分

人見記念講堂でライブを行った「26時のマスカレイド」

 アイドルグループ「26時のマスカレイド」(江嶋綾恵梨、来栖りん、吉井美優、森みはる、通称:ニジマス)が23日、結成3周年ツアーのファイナルを東京・昭和女子大学の人見記念講堂で行い、来年6月6日に東京ドームシティホールでワンマンライブを開催すると発表した。

 ニジマスは今年8月、メジャーデビューとなるミニアルバム「ちゅるサマ!」で公約通りのオリコン週間ランキング1位を獲得。名古屋からスタートしたツアー最終日、満員の観客で埋まった人見記念講堂のボルテージは最高潮に達した。

 アンコールでは新曲「アイリス」を初披露。重大発表として「2020年2月6日に赤坂BLITZで生バンドでのライブ開催」、そして初春に「ニジマス初の地上波冠番組が放送される」ことを明らかにした。森はうれし涙を流しながら「私、すっごいテレビっ子なの!すごくない? 私たちテレビに出るんだよ! リアルタイムで見てね」と喜びを爆発させた。

 ラストの「心から…」を披露するとステージは暗転。会場に流れたVTRで、東京ドームシティホールでのワンマンライブの開催が発表された。ニジマス史上、過去最大のキャパとなる「6・6TDCワンマン」。来栖は「SNSでも特典会でもファンの方が『推してて楽しい』と言ってくれたことが多くて本当にうれしいです。今回のツアーで一緒に楽しんでくれた事が本当にうれしいです。大きな発表があるたびに実感します。推してて楽しい、うれしいと思ってもらえるような最高のグループに駆け足で上っていくのでみなさんよろしくお願いします!」と決意を込めた。