女優の木内みどりさん 急性心臓死のため死去

2019年11月21日 14時39分

死去した木内みどりさん

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)などで知られる女優の木内みどりさんが、18日に急性心臓死のため死去したことがわかった。69歳だった。公式ツイッターで発表された。

 故人の遺志で通常の通夜・告別式は行わず、家族のみでお別れをしたという。17日まで広島の原爆ドームを訪れた様子などを投稿しており、元気そうな様子だった。

 木内さんは劇団四季を経て、映画『「されどわれらが日々―」より 別れの詩』(1971年)でデビュー。83年にはCM好感度ランキングで第7位になるなど、お茶の間でも人気だった。

 最近は反原発運動に力を入れており、今夏の参院では、れいわ新選組が行ったイベントで司会を務めた。夫は元西武百貨店社長で元参院議員(新党さきがけ)の水野誠一氏(73)。