“イコラブ”佐々木舞&野口衣織 マツコで「オネエ言葉」勉強しました

2019年11月19日 11時00分

キュートすぎる野口(左)と佐々木

 アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の佐々木舞香(19)と野口衣織(19)が声優として参加する劇場アニメ「サンタ・カンパニー~クリスマスの秘密~」が29日に公開される。元HKT48指原莉乃(26)がプロデュースする同グループといえば、最新シングルが初めてオリコンランキングで初週1位を獲得するなど注目度バツグンだ。佐々木と野口に映画の役どころや今後の夢などを聞いた――。

 同作は、クリスマスが大嫌いな少女ノエルが、サンタクロースたちが働く会社「サンタ・カンパニー」に迷い込むところから始まるオリジナル劇場アニメだ。野口は会社の秘密をオネエ言葉で説明するオネエ天使役、佐々木はかわいく説明するカワイイ天使役を演じる。

 ――それぞれの役について

 野口:セリフの語尾に「なのよ~」とか付いてるフレンドリーなキャラクターです。役作りはマツコ・デラックスさんの動画や「黒執事」というアニメに出てくるオネエキャラを交互に見ながら練習しました。

 佐々木:思う存分、かわいく演じました。でも、私は普段から「あら~」とかオネエ言葉が出ちゃう。最初、私の方がオネエ天使に向いてると思いましたね(笑い)。

 ――子供に夢を与えるサンタの仕事がテーマ

 佐々木:私も働きたいと思いました。小学生のころにはサンタさんが来なくなってしまったので(苦笑)。

 ――グループとしては、6枚目シングル「ズルいよ ズルいね」で、初の初週1位に輝いた

 佐々木:いろんな方から「おめでとう」と言っていただいて。頑張ってきてよかったです。

 野口:「1位だよ」と言われた時、不安な気持ちが勝ってしまった。あとは1位に残るか落ちるかしかないので…。性格が出るんですけど(笑い)。次の目標? メンバーの諸橋沙夏と「メンバーの誰かが卒業するまでに東京ドームや日本武道館でライブしたいな」と話しました。

 ――今年2月には“妹分グループ”「≠ME(ノットイコールミー=ノイミー)」も誕生。プロデューサーの指原さんはどんな反応を

 野口:「お互いに感謝の気持ちをちゃんと持ってください」と。あとは「1位がすべてじゃない」という言葉も胸に染みました。順位だけじゃないところをこれから見せていこうと思いました。

 佐々木:ノイミーちゃんはすごくしっかりしている。だけど、私たちを見て学ぶこともないといけないと思う。スタッフさんへの態度や感謝を伝えることは、イコラブが「ちゃんとやっていこうね」と決めていることなので、それはノイミーちゃんにも伝わっているのかなと思います。

 ――佐々木さんのこれからの目標は

 佐々木:大きな声で「舞台をやりたい!」と言いたいです。夏にグループを出て舞台(脳漿炸裂ガール)に参加させていただいて、すごく楽しくて世界が広がった。共演の役者さんからアドバイスをもらったり、演技について話し合うことが初めてで新鮮でした。役に感情を入れ込むことも好き。これからいろいろな舞台に挑戦したいです。

 ――野口さんは

 野口:歌って踊れる声優さんになれたらいいなって。声優のお仕事も少しずつさせていただいてますけど、まだまだ成長しないと。好きなアニメやゲームをしてる時に今までは「かわいい」「カッコいい」と思うだけだったけど、今はこういうふうに話せばいいのかと考えるようになった。もっと勉強していければと思います。

☆ささき・まいか=2000年1月21日生まれ、愛知県出身。のぐち・いおり 2000年4月26日、茨城県出身。「=LOVE」は、代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースによる12人のアイドルユニットで、2017年に誕生。12月25日・仙台から全国ツアーを開催する。