レコード大賞候補に3連覇の偉業かかる乃木坂、欅坂、日向坂の“坂道三姉妹”揃い踏み

2019年11月16日 00時00分

乃木坂46

 TBS系「第61回輝く!日本レコード大賞」(12月30日夜5時半から)の各賞の受賞作品が15日、発表された。

 日本レコード大賞の候補となる優秀作品賞には、浜崎あゆみ(2001~03年)、EXILE(08~10年)以来の3連覇がかかる乃木坂46の「Sing Out!」や、今年、デビュー20周年を迎えた氷川きよしの「大丈夫」。さらに今年、「けやき坂46」から名義を変えてデビューした「日向坂46」の「ドレミソラシド」、欅坂46は「黒い羊」と坂道三姉妹が揃い踏み。AKB48は「サステナブル」で受賞した。

 純烈は「純烈のハッピーバースデー」で初めて優秀作品賞を獲得した。

 新人賞は海蔵亮太、新浜レオンS、BEYOOOOONDS、彩青の4組が受賞した。

 12月30日には優秀作品賞の10作品の中から頂点となるレコード大賞、新人賞の4組から最優秀新人賞が番組内で発表される。

 また、特別賞には菅田将暉、竹内まりや、米津玄師の3人が受賞。最優秀歌唱賞には市川由紀乃が輝いた。

◇優秀作品賞(50音順)
「ECHO」Little Glee Monster 
「片隅」三浦大知
「黒い羊」欅坂46 
「サステナブル」AKB48
「純烈のハッピーバースデー」純烈
「Sing Out!」乃木坂46 
「大丈夫」氷川きよし
「ドレミソラシド」日向坂46
「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP
「パプリカ」Foorin