丸山桂里奈 なぜW杯金メダルを車のドリンクホルダーに保管?

2019年11月14日 12時32分

金メダルを披露する丸山

 元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(36)が14日、東京駅地下の「のぞみ広場」で行われた「東京ばな奈 キットカット ゴールド」PRイベントに登場した。

 イベントは、人気チョコレート菓子のキットカットに東京名物の「東京ばな奈」味が新発売されることを記念したもの。

 同商品のロゴが入った全身金色のチアリーダー姿で登場した丸山は「これでアスリートを応援できる。こんなに金をまとって、今日はすごいことを成し遂げられそう」と話した。

 甘いものが大好きな丸山は商品を試食し「東京ばな奈とキットカットが口の中で競り合ってるのだけど、キャラメルが包み込んで、試合後にひとつにまとまったみたいな感じ」と表現した。

 丸山といえば、現役時代は2011年のFIFA女子W杯に出場し、日本の初優勝に貢献した。この日は当時獲得した金メダルを持参して報道陣にお披露目。

 メダルの保管場所を聞かれ「ドリンクホルダーに入れていたけど、飲み物を置くと混み合ってしまうので、今は車のダッシュボードに入れている。いつも車で生活してるので」と会場を笑わせた。