梅沢富美男が提言する「薬物有罪=芸能界から即追放ルール」

2019年11月14日 11時00分

梅沢富美男

 違法薬物根絶を掲げるも、芸能人の逮捕が相次いでいることに、芸能界からも“即追放”の声が上がっている。

 12日に都内で「イトーヨーカドーのクリスマスケーキ&おせち試食会」に登場した俳優の梅沢富美男(69)は、覚せい剤取締法違反で逮捕された元タレントの田代まさし容疑者について聞かれ「覚醒剤なんかやったら二度と芸能界に戻したらダメだ。田代はバカだからしようがないけど。あいつはもうどうしようもないと思うよ。あれはもうずっと、できるんだったら15年くらい入れとけばいいんだ、懲役に。懲役に行ってれば絶対覚醒剤吸えないから、やめるんじゃないか。そうでもしなかったらやめられないと思うよ。それで出てきて更生する道は残しといたほうがいい。それが一番大事なんじゃないかな」と斬って捨てた。

 その上で、薬物有罪=即芸能界追放のルール化を提言。「芸能界だけは(戻したら)ダメだよ。だからこれからそういう抑止力っていうの?(ルールを)誰かが作んないと。こういうことをやったら芸能界には戻れませんよと。自分の人生なくしますよというくらいのなんか大きな物(ペナルティー)を与えないと、やめないんじゃないか」と真顔で語った。