浅田真央 20代最後のクリスマスは「姉と過ごせたらいいな」

2019年11月06日 16時00分

イベントに出席した浅田真央(左)と浅田舞

 プロフィギュアスケーターの浅田舞(31)と真央(29)が6日、東京・銀座の美容エンターテインメント施設「Beauty Connection Ginza」のオープニングイベントに出席した。

 同所は利用者が目指す美に合わせて、美容機器&コスメ、美容医療、ヘアスタイル、フード・ドリンクの4フロアで構成される。

 舞は紺と緑、真央は水色のサテンワンピースであでやかに登場。美について語った。

 舞は「美しくなるということは内側から美しくなることで、言葉遣いなどが外見に出たりする」と自身の考える理想の美について説明。

 ストレス発散法を問われると、舞は「最近、妹とよく食事に行く機会が多い。どこに、何を食べに、というところから、お食事をしてどうだったかというのがルーティンになっている。おいしいものを食べること」、真央は「ボクササイズに行ったり、体を動かすこと」と語った。

 真央は来年9月の誕生日で30歳。あと2か月ほどで迎えるクリスマスは、20代ラストとなるが「予定はないので、姉妹一緒に仲良く過ごせたらいいな」とニヤリ。

 舞は「先日、妹がナイトクルーズをプレゼントされたみたいで、お誘いを受けた。機会とタイミングが合えば一緒に行きたい」と今年のクリスマスの予定について明かした。

 同施設は8日からオープン。