Matt スター錦野に「落とし穴に落とされてなんで怒らないの」と直撃

2019年11月06日 14時35分

受賞した(左から)錦野旦、ゆきぽよ、Matt

「第12回日本シューズベストドレッサー賞」記者発表会が6日、都内で行われ、元巨人軍エース・桑田真澄氏(51)の息子で、画像加工アーティストのMatt(桑田将司=25)が男性部門賞に輝いた。女性部門賞はギャルモデルのゆきぽよ(木村有希=23)、シニア部門賞は“永遠のスター”歌手の錦野旦(70)がそれぞれ受賞した。

 Mattは錦野の印象について「もちろんスーパースターというイメージを持っているが、(とんねるずのバラエティー番組で)落とし穴に落とされているところが印象に残っている。なんで怒らないのかなって」とコメント。錦野に「本当に怒らなかったんですか」と“直撃”した。

 これに対し、錦野は「何事も一生懸命やるということ。いやちょっと(怒った)ね。本人は知らないけど、会社はOK出しているんだもん」と苦笑しつつ「散歩していると、道で幼稚園児から『スター、3回も穴に落ちちゃダメじゃん』って言われたの。『いや、4回落ちたよ』と言い返したけどね。お子さんにも応援されてうれしかった」と語り、笑いを誘った。

 同賞は日本の革靴を美しくはきこなす有名人に与えられるもので、過去には元モーニング娘の吉澤ひとみ(34)、二世タレントの坂口杏里(28)らが受賞している。