三浦大知「来年1月からホールツアー」サプライズ発表

2019年11月05日 21時30分

三浦大知

 歌手の三浦大知(32)が5日、2020年東京五輪に向けて改修を終えたばかりの東京・国立代々木競技場第一体育館で、ライブを行った。木村拓哉と工藤静香の次女、Koki,が作曲した「片隅」など21曲を披露し、1万2000人の観客を熱狂させた。

「(ツアータイトルの)COLORLESSは無色透明という意味なんですけど、皆さん思い思いに歌って踊って、最高にカラフルな色を塗っていただけたらと思います」。三浦作詞、Koki,作曲で、4月期ドラマ「白衣の戦士!」(日本テレビ系)の挿入歌「片隅」やヒット曲「Blizzard」などをパワフルにパフォーマンスした。

 9月から始まり、4都市6公演で5万人を動員したアリーナツアーもこの日がファイナル。全曲終了後、来年1月31日からホールツアーの開催、また1月15日に最新シングルのリリースをサプライズ発表した。「来年もまた皆さんと鮮やかな時間を過ごせたらと思います」と笑顔で話した。