今年の顔・横浜流星は来年も安泰!?「あな番」功労者を日テレ囲い込み態勢

2019年11月02日 17時00分

「今年の顔」として登場した横浜流星

 俳優の横浜流星(23)が1日、都内で行われた情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2019年ヒット商品ベスト30」の発表会に、「2019年 今年の顔」として登場した。

 今年は多くのテレビドラマに出演し、人気も急上昇。横浜は「令和元年にいただけて光栄に思いますし、応援してくださった方々、選んでくれた方々に感謝したいです」と笑顔で答えた。

 1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)でブレークし、表紙を飾った「an・an」(マガジンハウス)がネット書店で予約完売するなど活躍が目覚ましかった。「『初めて――』から始まって、自分の中でたくさんのすてきな作品と人に出会い、たくさんの学びもあり、ターニングポイントになった年です」と振り返った。

 そのブレークぶりは「あなたの番です―反撃編―」(日本テレビ系)に出演して証明された。このドラマは4月スタートの2クールドラマだった。前半の10話分は視聴率が低迷で、日テレ内でも「お荷物」と言われていた。そんなドラマの“救世主”が6月スタートの「反撃編」から登場した横浜だった。「最終回にはネット上で犯人は誰なのかと盛り上がりを見せましたが、横浜の注目度があったからこそと言われている。番組の略称になった『あな番』は今年の流行語大賞も狙えるんじゃないか」とはあるテレビ局関係者。

 日テレではそんな功労者を“囲い込み”に入ったともいわれている。同関係者は「毎回、ドラマというわけにはいかないでしょうが、日テレは何かにつけて『流星、流星』となるでしょうね」。来年はいま以上、忙しくなるはずだ。