ノンスタ井上 事故で活動自粛歴あるのになぜ車関係イベント起用

2019年11月01日 17時00分

点灯式に出席した佐野(左)と井上

 お笑いコンビ「ノンスタイル」井上裕介(39)、お笑いトリオ「パンサー」ら吉本興業の芸人と、タレントの佐野ひなこ(25)が31日、東京・江東区のパレットタウンでイルミネーション点灯式に出席した。

 点灯式はお台場で開催中の第46回東京モーターショーとのコラボで実施。吉本芸人たちは電動キックボードに乗ってさっそうと現れた。井上といえば2016年12月、タクシー運転手に対して衝突事故を起こして活動を自粛、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで書類送検(不起訴処分)された苦い経験がある。それだけに本人は「車輪のあるイベントに呼んでいただいてありがとうございます」と恐縮した。

 出席した吉本芸人で佐野をドライブデートに誘うプランをプレゼンして競い合ったが、井上は「数年前になんやかんやあったので、ドライブには行かない」と苦笑い。パンサーの菅良太郎から「なんかあったんですか?」とイジられ、「やめろ!」と焦った。

「車が関連したイベントに、車の事故を起こした井上が起用され驚いた。別の吉本芸人を起用する手もあったのでは」とワイドショー関係者は首をかしげる。「事故では被害者のタクシー運転手の処罰感情が相当薄かったとされる上、あれから3年弱たったから“時効”ということかもしれないが…」と続けた。

 井上は26日に行われたイベントで、同じ吉本芸人で申告漏れが発覚し活動を自粛している「チュートリアル」徳井義実をイジる発言をし、ネット上でひんしゅくを買っている。

 吉本随一のブサイク芸人が調子に乗ってハメを外し、またまたスキャンダルを起こさなければいいが…。