ラグビー日本代表“笑わない男”稲垣「ガキ使」出演か

2019年10月31日 11時00分

“笑わない男”として有名になった稲垣啓太

 NHKや民放各局が年末年始特番に向け、囲い込みに必死になっているのが、日本中に夢を見せてくれたラグビーW杯日本代表のメンバーだ。W杯で日本の試合は、驚異的な視聴率を叩き出した。それだけに、出演させれば高視聴率を見込めるのは間違いないが、なかでも人気なのは“笑わない男”としてすっかり有名になったあの選手だ。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

「いま、日本代表のメンバーをテレビに引っ張り出せれば、W杯効果で高視聴率が見込める。W杯で日本の試合はすごい視聴率を叩き出したから、どの局も出演させようと躍起になっている」(テレビ局関係者)

 確かに平均視聴率は、13日に日本テレビが放送したスコットランド戦が39・2%、さらに20日、NHK総合が放送した準々決勝・南アフリカ戦に至っては41・6%を記録した。

「W杯までは、多くの選手がメディアにほとんど露出していないから、新鮮味もある。彼らをテレビに出すことは、間違いなく視聴者の興味につながる」

 さっそく、メンバーの出演が決まったのが「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド」。11月4日の放送に田中史朗、松島幸太朗、福岡堅樹ら計7人が登場予定。この番組を放送する日本テレビが必ずオファーを出すとみられるのが、大みそか恒例の特番「ガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズだ。

「特に“笑わない男”としてすっかり有名になった稲垣啓太選手を狙っているみたいですね」(制作会社プロデューサー)

 どんな構成で出演するのか?

「漏れ伝わってきた話では、TBSの名作ドラマ『スクール☆ウォーズ』の名シーンを主演の山下真司が再現する。稲垣選手は、梅宮辰夫が演じた中華料理『新楽』の下田大三郎役です。『笑ってはいけない』は、ダウンタウンや月亭方正らを笑わせるのが目的だが、裏テーマは稲垣選手を笑わせること。もしも稲垣選手が笑ったら、ケツバットになるんです」(同)

 稲垣は前出の「THE☆レジェンド」のほか、4月に「しゃべくり007」、6月には「踊る!さんま御殿!!」と日テレ系バラエティーにチームメートと出演。W杯開幕前の関連イベントで同局の担当者は、明石家さんまが稲垣を気に入っていると明かしていた。さんまは稲垣について、W杯を機に有名になるだろうと語ったという。

 日本代表ラガーマンたちにオファーを検討しているのは日テレだけではない。

「テレビ朝日は人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』と『芸能人格付けチェック』、TBSは『SASUKE』や木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』の最終回スペシャル、フジテレビは『ワイドナショー年末SP』『VS嵐正月SP』などの出演を狙っているようだ」(放送作家)

 ここでも人気なのは、前述した稲垣だ。

「稲垣選手と同じくらい人気なのが、姫野和樹選手と田村優選手。ほかにも田中史朗選手、福岡堅樹選手、堀江翔太選手、リーチ・マイケル選手などにオファーが殺到しそうです」(同)

 さらにNHKは、大みそかの「紅白歌合戦」のゲスト出演を狙っているという。

「ラグビーの場合は『ONE TEAM』という考えから、1人だけというよりチーム単位で出演をオファーするのでは。客席にラグビー選手の特別席を設ける、なんて話もある」(芸能プロ関係者)

 念願の目標=ベスト8を見事に達成した日本代表選手の姿は、年末年始も見られそうだ。