浅田真央「私はリードしてもらいたいタイプ」理想の男性はしっかり型

2019年10月23日 16時47分

浅田真央
浅田真央

 バンクーバー五輪銀メダリストのプロフィギュアスケーター・浅田真央(29)が23日、都内で行われた風邪薬「ストナ」新CM発表会(佐藤製薬主催)に出席した。

 10年連続でCMキャラクターを務める真央は、CMと同じスーツ姿で登場。撮影について「今年も違った私をイメージしてもらった。普段、こうやってスーツを着ることはないし、キリッとした感じでテレビに出ることもない。仕上がりはどうかな。“風邪薬改革”を皆さんにうまくアピールできたらいいな。普段は練習着かスカートが多いが、撮影では格好良く、男っぽく演じてと監督に言われた。最初は戸惑ったが、楽しい現場だった」と振り返った。

 そんな真央が、もし男性に生まれていたら?「男性の気持ちになって女性をエスコートしてデートしてみたい。午前中は観光名所を回って、夜は夜景のきれいなレストランで食事をする。京都なんかいいな。相手は(姉の)舞? いや、友達感覚になってしまうので。ドキドキしてみたい」

 その浅田舞(31)は、ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルで、元ジャニーズグループ「NEWS」メンバーのtaka(31)と“結婚秒読み”と噂されている。実現すれば真央は森進一(71)、森昌子(61)と親戚関係になるが…。

 一方、真央は「クリスマスは空いている」と話し、姉のような彼はまだいないようだ。「私はどちらかというと、男性にリードしてもらいたいタイプ。身だしなみを整えてスーツでバッチリ決めたビジネスマンは格好いい。自分の意志をしっかり持っている方がステキ」と、理想の男性像を明かした。

 かねて「バカ殿に似ている」と言われて志村けん(69)に親近感を持ち、30日放送のフジテレビ系「志村けんのバカ殿様」(午後7時)に出演する。だが、実際は女ざかりの三十路を控えて、美貌にますます磨きがかかっている。

「来年、30歳になる。体の疲れが抜けにくくなっているので、体調管理をしっかりやっていきたい。風邪を引いたらストナをのんでしっかり寝る。それが一番!」とアピールした。

 日本代表でともに切磋琢磨した織田信成(32)には早くも第4子が誕生したが、真央の運命の人はいつ現れるのだろうか?

【関連記事】

 

ピックアップ