マキタスポーツ 島津亜矢に完敗し「歌うまい部門」賞はく奪

2019年10月18日 22時48分

マキタスポーツは島津亜矢に完敗

 芸人、俳優、ミュージシャンとマルチに活躍するマキタスポーツ(49)が選出する「マキタスポーツのオトネタ大賞2019」が18日、東京・新宿LOFTで行われた。

 この賞は、「オトネタ」を展開しているアーティストや芸人を集め、さまざまな部門で表彰するというもの。記念すべき1回目の開催となる今回の受賞者には、先日「キングオブコント」で優勝した「どぶろっく」(ミュージカル部門)、やついいちろう(イチロー部門)、「新作のハーモニカ」(新人部門)などが名を連ねた。

 またマキタ自身も「おじさん部門」を受賞。さらに「歌うまい部門」も最初はマキタの受賞が発表され、歌を披露していたが、途中で歌手・島津亜矢が“乱入”。マキタは「対決します!」と歌を競い合ったが、圧倒的な歌唱力を誇る島津が圧勝。マキタは「島津亜矢さんが来たらかなわない。『歌うまい部門』最優秀賞は島津亜矢さんです」と脱帽していた。