三遊亭とむ タッキー副社長に学んだ“宙乗り落語”披露

2019年10月16日 21時34分

フライング落語を披露した三遊亭とむ

 落語家の三遊亭とむ(35)が16日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで独演会「スーパー落語 ラブファントム2019」を行った。

 とむは2011年8月に三遊亭好楽に入門し、三遊亭こうもりとして活動。2014年に二つ目に昇進し、高座名を三遊亭とむに改名。2017年から音楽事務所エイベックスに移籍という珍しい落語家だ。

 独演会ではなんと、落語会史上初となるワイヤーで吊るされながら“フライング落語”に挑戦した。とむは「誰もやっていないことに挑戦しようと思って『宙乗り(フライング)だ!』と思いました」とその意図を明かす。会場に集まった大入り満員1500人の聴衆にダイナミックな宙乗りを披露した。

 フライング落語を披露するにあたって「ジャニーズさんの舞台を拝見させていただきました。その中でも滝沢歌舞伎ですね。タッキーさんへのリスペクト&オマージュです」とジャニーズの滝沢副社長の宙乗りで勉強したそうだ。

 師匠の好楽には「師匠に報告しましたところ『そうか、これからは宙乗りの時代だね』と言われました」とテキトーな返事をされたと明かした。

「この独演会のために、禁酒しました。期間ですか? 1週間です! 好楽一門は酒の誘いが多くて。師匠の誘いも2回断りましたから」と笑わせた。