義父・和田誠さん死去にショック 上野樹里「思い出の一つ一つが宝物」

2019年10月12日 17時00分

上野樹里

 

本の装丁やポスター、映画などさまざまなジャンルで活躍したイラストレーターの和田誠さんが7日午後6時57分、肺炎のため東京都内の病院で亡くなっていたことが10日にわかった。83歳だった。

 大阪市出身で、多摩美術大在学中に制作したポスターで日本宣伝美術会賞を受け、卒業後は広告デザイン会社に。たばこ「ハイライト」のデザインで注目を集めた。1965年創刊の雑誌「話の特集」にはアートディレクターとして参加。週刊誌の表紙に描いた似顔絵などで、69年に文春漫画賞を受賞した。

 77年から40年以上にわたり「週刊文春」の表紙を手掛け、数多くの作家、劇作家の本で装丁や挿絵を担当。手仕事によるシンプルで温かみのある絵は広く愛された。

 映画監督としても「麻雀放浪記」(84年)や「快盗ルビイ」(88年)などの作品で活躍。落語や演劇の台本、訳詞などもこなし、日本のショービジネスを扱った「ビギン・ザ・ビギン」で日本ノンフィクション賞。エッセーも評価を受け、94年には幅広い業績に対して菊池寛賞が贈られた。妻はシャンソン歌手で料理愛好家の平野レミ(72)。長男はロックバンド「TRICERATOPS」ボーカルの和田唱(43)でその妻は女優・上野樹里(33)だ。

 上野は11日、インスタグラムに和田さんとのツーショット写真を投稿し「家族全員でお出かけしたり、ご飯を食べたり、いつも楽しくて、みんな明るくて、和田家に来てからずっと夢を見ているようでした。誠さんとお別れする時も、みんなの愛が溢れていて、沢山のプレゼントと共に旅立って行かれました。とっても寂しくなりました。でも誠さんと一緒に過ごした日々は温かく、思い出の一つ一つが宝物です。短い時間だったけど、娘のように接してくれて本当に嬉しかったです。これからもみんなで誠さんのお話をしながら、レミさんとお料理をして、みんなで元気に生きていきますね」と追悼した。

 葬儀・告別式は近親者で営まれた。後日、お別れの会が開かれる。