小林幸子 網膜剥離で緊急手術受けていた「視力1・0から0・07に落ちた」

2019年10月10日 18時00分

眼帯を着け脱穀作業を行った小林幸子

 演歌歌手・小林幸子(65)が9月24日に右目の網膜剥離の手術を受けていたことを10日、明かした。手術は成功したが、一時的に視力が落ちている状態だという。

 9月18日あたりから、飛蚊症のような症状が出ていたという。小林は「周りの人に相談したら、そういうのはあるからみたいな感じだったので、放っておいた」が、21日になり「タピオカくらいの丸い小さな黒い影がいっぱい見えて、これは飛蚊症じゃない」と慌てて医者に駆け込んだという。

 その時点で網膜剥離の診断を受け、3日後に症状が悪化し、緊急手術を受けることになった。医者からは「手遅れになります」といわれるほどの状態で、失明の危機にもあったという。「手術が終わった後にストレッチャーで運ばれているとき、看護婦さんからは『本当によかったね』といわれた。本当にギリギリのところだったみたい」と胸をなでおろした。

 今回の手術で2泊3日の入院をしたが、仕事には穴をあけることはなかった。先月29日には佐賀で行われたNHK「のど自慢」にも生出演。「仕事にも影響が出ないように、シリコンオイルを使った手術をした。そのおかげで仕事はキャンセルせずにやれた」と話した。

 経過は良好だが、この日、新潟県長岡市山古志地域にある「幸子田」を訪れた小林の右目には眼帯が着けられていた。「視力が落ちて、もともと1・0くらいあったんですが、0・07まで落ちている」と打ち明けた。視力を戻すには時間もかかり、現在は「光が目に入ると痛い」とも話した。それでも5月に一緒に田植えをした中川翔子(34)と脱穀作業を行った。

 2004年に起きた中越地震の復興のシンボルとして06年に作られた「幸子田」で14回目の脱穀作業を終えた小林は「安静にしなきゃいけないのですが、こうやって山古志のみんなに会えて一緒に脱穀ができたのは幸せ」と笑みを見せた。