米倉涼子が“野獣アイス”爆買い? 恒例の豪華差し入れに採用か

2019年10月08日 17時00分

金メダリストの松本薫氏(右)と握手する米倉涼子

 アイス爆買いか――。女優・米倉涼子(44)が主演するドラマ「Doctor―X~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(17日スタート)の制作記者発表会見が7日、東京・港区のテレビ朝日で行われ、米倉ら豪華キャストが出席。ドラマ出演のたびに話題になる米倉の豪華差し入れだが、今回は“野獣アイス”になるかもしれない。

 同ドラマは言わずと知れたテレ朝のキラーコンテンツ。2017年に放送された第5シリーズでは視聴率20%超えを連発しただけに、今回も期待は大きい。大門未知子を演じる米倉は「久しぶりで緊張しますが、うれしい」と笑顔を見せた。

 7月に、自身3度目となる米ブロードウェーミュージカル「CHICAGO」の主演を務めたが、本番1か月前に低髄液圧症候群を患ったという。「アメリカと日本でミュージカルをやったんですが、その1か月ぐらい前に低髄液圧症候群でした。脳に傷が入って髄液が落ちていって…。まっすぐ歩けなかったり、やる気がなくなったり、2週間は安静にしていました」と吐露。一時は落ち込んでしまったという。そこで、同ドラマの監修を務める脳外科医に相談したところ、適切な処置を施してもらい現在は回復。「この場をお借りしてお礼を言いたい」と頭を下げた。

 今ではすっかり回復し、「気合入ってます!」とやる気満々の米倉。そんな米倉のドラマで、毎回のように話題になるのが撮影現場への豪華差し入れだ。芸能関係者は「これまでスタッフ全員に高級焼き肉弁当や1個1万円以上するメロンなど大盤振る舞いしてきましたからね。共演者やスタッフは楽しみにしているのではないでしょうか」と話す。

 だが、今回はアイスになるかも!? というのも、この日の会見には、2012年ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダリストの松本薫氏(32)も登壇。大門の「私、失敗しないので」という決めゼリフは、同氏が“生みの親”だったのだ。金メダルに輝いたときのコメントを、脚本の中園ミホ氏が採用した。

「現在、松本氏は東京富士大学のアイスクリーム店『ダシーズ』で働いています。この日松本氏が応援に駆け付けたので、米倉がお礼に爆買いするのでは?と言われているのです。以前も行こうとしたことがあったそうですが、改装中で行けずじまいだったそうですからね」(同関係者)

 激ウマアイスで出演者らは“野獣魂”を注入されそうだ。