カンニング竹山の意味深ツイートを心配する声「夫婦に何かあったのか」

2019年10月01日 16時20分

カンニング竹山

 お笑いタレントのカンニング竹山(48)に何があった? 1日、竹山のツイッター投稿が様々な臆測を呼んでいる。

 竹山はこの日の午前10時すぎ、弁当の写真とともに「6時の始発新幹線にて弁当を食う。4時半に起きて自分で作る。どうだ!素晴らしい色どりだろ!」とツイート。この時点では、弁当を作ったことに「おいしそう」「自分で作るなんてエライ」などのコメントが寄せられた。

 その2時間後には以下のように投稿。

ふうふでのんびりしたい
うどんやでふうふなかよくしたい
ぞうぜいもふうふでまけない
くだらないはなしふうふでするのよ
いつまでもなかよいふうふ
きもちはふうふでいっしょだよ
たすけあいささえあうふうふ
いちばんたいせつなふうふのじかん

これが私のやりたい事。

(原文ママ)

 竹山は、ひらがなだけで“夫婦”について言及。一部で愛妻家として知られる竹山ならではのメッセージとも取れるが“縦読み”すると「ふうぞくいきたい」になる。これに気づいたフォロワー、ネットユーザーは「いい夫婦の話かと思った」「いってらっしゃい」「正直ですね」と突っこみ。夫婦仲を心配する声も上がっている。