広島・鈴木誠也らのブログが国立国会図書館に保存

2019年10月01日 04時00分

 著名人のブログが公的機関で永久保存される。サイバーエージェントが運営する「Ameba」における歌舞伎役者・市川海老蔵(41)やその妻の故小林麻央さん、プロ野球・広島カープの鈴木誠也(25)らのブログが、国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP)に保存されたことが1日、分かった。

 2017年にはAmebaの麻央さん、“片づけコンサルタント”近藤麻理恵のブログが、スタンフォード大学東アジア図書館のウェブアーカイブコレクションに保存された。国会図書館でも12年からインターネット資料の収集に取り組んでいるが、ブログをターゲットとするのは今回が初めて。海老蔵、近藤らのほかに元卓球選手の福原愛、元サッカー選手の武田修宏ら42人のブログが対象になる。

 鈴木は「プロ野球選手として、ちょっとしたプライベートな部分や交友関係、来年開催される東京オリンピックで日の丸を背負わせていただけるのなら、オリンピックの裏舞台など頻繁に更新はできませんが、いつも応援していただいているプロ野球ファンの方々に少しでも喜んでもらえるよう、これからもブログで発信していきたいと思っています」。

 近藤は「このたびは光栄なお声がけをいただき、ありがとうございました。これからも一人でも多くの方が片づけの問題を解決して、ときめく毎日を送れるような社会を作るために貢献していければと思います」と喜びを表した。

 またWARPは「ブログでは、個人やグループの『声』が率直に表現されています。現代社会における生の情報を記録する資料として、それらを保存し、後世に伝える意義は大きいと考えています」とコメントしている。