クロちゃん ゴーストライター説全面否定「中身もきちんと読んでいる」

2019年09月26日 21時09分

ゴーストライター説を否定したクロちゃん

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(42)が26日、都内で初エッセー「クロか、シロか。クロちゃんの流儀」(PARCO出版)の発売記念イベントを行い“ゴーストライター説”を全面否定した。

 クロちゃんは「僕の半生が詰まった一冊で、読むとハートフルになるし、心の弱い人は参考にしてもらうと、よりよい生活が送れるはず」とアピールしたが、芸能人の著書といえば人気絶頂期の松本伊代(54)が「まだ読んでいない」と告白し、ゴーストライターを使っていたことがバレた例がある。

 しつこく追及する報道陣に「ゴーストライターは使ってない。問題になるから。構成に1か月かけてきちんと書いた。名前はクロだけどシロ! 中身もきちんと読んでいる。写真だけ僕というわけじゃない。だいたい、写真も違ったらキラー・カーンだから。新宿で飲食店やってないから」と、新宿で居酒屋「カンちゃん」を経営する往年の名スキンヘッドレスラーの名前を出して“無実”を訴えた。闇芸人問題でも一貫して“シロ”を訴えたホワイト芸人だけに、ウソではないようだ。

 部数については「初版で1万部刷った。さらに増刷するんじゃないですか。目標はミリオンというとおこがましいが、96万部でクロちゃんです!」と強気だったものの、だんだんと現実的になり「やはり9万6000部にしとく。エッ、96部じゃないかって?(売れずに話題になった)SKE48の須田亜香里ちゃん(27)の写真集じゃないんだから」と、最後は人気アイドルをディスるなど迷走気味だった。

 そして「団長とHIRO君が読んだら文句を言われると思うので渡してない。悪口も書いてあるから、読まれたら困る。しっかり読んだら団長をリスペクトしてると分かるけど、あの人は一部分だけ読んで鉄拳制裁するから。今の時代には合わない人」と、やはり身内のことも悪く言う始末だった。

「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で脳動脈瘤が見つかって余命3年を宣告されたが、今年初めに手術を受けて完治。さらに、半年後の経過観察でポリープも見つかったが、すべて切除して健康そのものだという。クロちゃんは「この調子で96弾まで本を出すぞ!」と意気軒高だった。