「カメ止め」上田慎一郎監督 新作はいきなり大劇場でスタート

2019年09月25日 20時57分

しゅはまはるみ(左)から花束を贈られた上田慎一郎監督

 昨年、社会現象を巻き起こした映画「カメラを止めるな!」で旋風を巻き起こした上田慎一郎監督(35)の劇場長編第2弾「スペシャルアクターズ」(10月18日公開)のワールドプレミア試写会が25日、東京・銀座の丸の内ピカデリー1で行われ、上田監督と18人の出演者が登壇した。

 上田監督は「とんでもない光景ですね。この映画館は座席が802席で、日本一の座席数だそうです。この映画の船出としてこれ以上ない場で迎えられて、ホントに幸せに思ってます」と感激の面持ちで語った。

 この日は「カメラを止めるな!」の出演者である、しゅはまはるみ、真魚、どんぐりが花束を持って祝福に駆けつけた。

「カメ止め」は公開されてから口コミで話題になり、興行収入31億円という大ヒットとなった。しゅはまは「私たちがこの景色を見るまでって、結構時間がかかった。ワールドプレミア試写会とかいって、見ていただけるのがすごくうらやましい」と話した。