すみれ スポーツ選手との結婚は「うーん…ないかな」

2019年09月11日 18時54分

すみれ

 女優のすみれ(29)、工藤夕貴(48)らが11日、都内で行われた映画「THE BRIGHTON MIRACLE」(公開未定、19日からAmazonプライム・ビデオなどで先行配信)の試写会イベントに出席した。

 2015年に英国で開催されたラグビーワールドカップで、日本が歴史的勝利を果たし、世界中を驚かせた強豪・南アフリカ戦。日本のヘッドコーチを務めたエディー・ジョーンズ氏とチームを中心に、その家族や関係者たちの不可能を可能にするための軌跡を描いた。

 一時は資金繰りの影響で計画が頓挫したが、なんとか5月にキャストを変更して、撮影にこぎつけた。

 メガホンを取ったマックス・マニックス監督と面識があり、脚本にほれ込んだ工藤は「いろんな紆余曲折があって、もうできないとなって…。いろんな方が出ると決まってたけど、全部流れてしまった。でも、マックスの脚本が素晴らしくて『こういう映画は世に出なきゃいけない』と、なんとか実現させようと思った。こういう場所で試写会ができるなんて。絶対無理だとなったんですけど、やっぱりミラクルを起こすのは人間だな」と目に涙を浮かべながら振り返った。

 すみれは、日本代表の主将を務めたリーチ・マイケルの妻、リーチ・知美を演じた。

 ラグビーに初めて触れたことを明かし「本当にスポーツ選手の奥さんって大変なんだなと…。お母さんのようでもあり」としみじみ。報道陣から結婚相手にスポーツ選手の可能性を聞かれると「大変ですよね。大変な思いを一緒に背負っていく。うーん…ないかな」と苦笑い。「普通の方がいいかな」と本音をのぞかせた。

 日本で初開催されるワールドカップはいよいよ20日に開幕を迎える。工藤は「日本の活躍は期待してますけど、勝ち負けじゃない気がします。人が命を懸けて、きらめく瞬間は勝っても負けても美しい」と語り「この映画が日本チームを後押しする原動力になれば」と願った。