N国党・立花党首 脅迫容疑で任意聴取!「刑事事件は大歓迎」と徹底抗戦宣言

2019年09月09日 16時50分

任意聴取のため出頭した立花孝志党首

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、マツコ・デラックス提訴を前に刑事事件で訴えられた。

 立花氏は9日午後、警視庁月島警察署に任意聴取のため、出頭した。4月の統一地方選挙の中央区議選で、N国党から出馬・当選した二瓶文徳区議が立花氏から脅迫されたとして、被害届を出したためだ。

 この日朝、警視庁から聴取要請を受け、立花氏は午後を指定。弁護士とともに月島署に入り、約1時間ほどの聴取を受けた。

 被害を訴えた二瓶氏は、中央区議選にN国党公認で当選したものの、その後、通告なく離党。これに激怒した立花氏はユーチューブ上で二瓶氏を何度も糾弾していた。

 聴取前、報道陣の取材に応じた立花氏は容疑とされる事実関係を認め、「二瓶氏は党総会を無断欠席し、電話、メールしても返事が来ない。『ユーチューブで叩き続ける、やり続けたら、街中歩けなくするぞ』と動画で僕が言った証拠が残っていますよ。それが脅迫にあたるということになれば、最終的に裁判官の判断を待つしかない」と話した。

 午後5時から詳細について、会見する。立花氏によれば、脅迫罪などで起訴され、有罪判決が出たら責任を取って、議員辞職せざるを得ないとし、「今回の件は有権者を裏切るようなことをしていない。(離党の)説明を何一つしていない二瓶氏の方が有権者を裏切る行為で問題。刑事事件となったのはむしろ大歓迎」と受けて立つという。