宇垣美里 ヒツジをイメージしたキュートな衣装で安眠の秘密を告白

2019年09月02日 15時57分

キュートな衣装で登場した宇垣美里

 元TBSアナウンサーの宇垣美里(28)が2日、都内で行われた「メンタルバランスチョコレート GABA フォースリープ『まろやかミルク』」新商品発表会(江崎グリコ主催)に出席した。

 ストレスを緩和し、睡眠の質を高めるアミノ絡酸(GABA)を配合した機能性表示食品のPRイベントとあって、宇垣はヒツジをイメージしたキュートな衣装で登場。「私は未年でおひつじ座。寝る時はヒツジが1匹、ヒツジが2匹と数えても眠れないイメージがあるけど」と苦笑した。

 商品は寝る前に摂取することで、深い眠りに就ける可能性があるという。「睡眠時間はまちまちだが、経験上、4時間寝れば動けることが分かっている。寝る前にチョコを食べる習慣がなかったのでビックリした。甘いものを食べる免罪符になって素晴らしい」。甘い物好きだけにうれしくて仕方がない様子だった。

 最新の研究では、週末の寝だめには意味がないといわれており、1日6〜7時間の睡眠を取ることが健康につながる。「長いワンピースのパジャマを着ると、寝るスイッチが入って眠たくなる気がする。そして、寝る前にストレッチをする。以前、先輩に眠れなくてと相談したら、ちょうど誕生日が近くて、すごくいい枕をプレゼントしてもらった。旅行などで、この枕がないと不安なほど」と、自身の安眠の秘密を語った。

 そんな宇垣は「社会人になってずっと見続けている夢がある。私はレジスタンスに入っていて巨悪と闘っている。たまに見るんだけど、二度寝しても見ることができない。早く続きが見たい」と意外な事実を明かした。

 小動物系のかわいらしい外見だが「一生の食事の回数は限られているので、一回の食事に全力をかけて、絶対にまずいものは食べないと決めている」と話すなど、こだわりが強い性格で、番組からの降板を言い渡したプロデューサーに激しく抗議した「コーヒーぶちまけ事件」は有名。常に自身の中で何かと闘っているのだろう。同チョコを食べてストレスを軽減してほしいものだ。

 商品は24日に全国発売。