流れ星・瀧上の妻がブログ更新に燃える理由「手術代を稼ぐ!」

2019年08月28日 18時08分

左からちゅうえい、デヴィ夫人、瀧上伸一郎

 お笑いコンビ「流れ星」(ちゅうえい=41、瀧上伸一郎=40)、セレブタレントのデヴィ夫人(79)が28日、都内で行われた「ピクセラグループPRイベント」に出席した。

 瀧上といえば、今月13日に妻でタレントの小林礼奈(27)が子宮外妊娠で緊急手術をしたばかり。卵管が破裂すれば急な出血で命を落とす危険もあり、やむを得ず片方の卵管を摘出した。この一件を報じた本紙の記事は反響を呼び、小林はブログで子宮外妊娠についての啓蒙活動を行っている。

 瀧上は「(本紙で)ニュースになってご心配をおかけしたが、おかげさまで現在は退院した。手術代をブログで稼ぐと張り切って一日5、6回更新している」と説明。

「自宅から徒歩5~6分の病院なので、退院後はタクシーで帰る、自転車で帰れと意見が分かれてもめた。妻からは『手術の後よ。最低!』と言われたが、近いので電動自転車でいいと思った」と、退院の際に夫人と口論になったことを明かした。

 これを聞いたデヴィ夫人は「やはりタクシーでしょ」と指摘。「海老蔵さんは一日40回ブログを更新している。まだ少ない」とハッパをかけた。

“ギャグマシン”ちゅうえいの相方で、お笑い界屈指のイケメン芸人として知られる瀧上は、2016年6月に小林と“デキちゃった婚”し、2歳の長女がいる。今回、2人目を授かることはならなかったが、医師からは今後も妊娠は可能と診断されており、瀧上は胸をなでおろしていた。

 2人は2014年に「第23回東京スポーツ映画大賞 第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」で日本芸能大賞を受賞した有望株。架空のネタ「肘神様」をモチーフに、故郷に神社を作るなど、ネタ作りの発想力と実行力は注目を集めており、瀧上はたけし審査委員長に、そのネタ作りの才能を評価されている。