「CHERRSEE」引っ張るMIYU “末っ子”からセンターに!

2019年08月28日 17時00分

写真集を発売したCHERRSEEのMIYU(中央)

 5人組ガールズグループ「CHERRSEE(チェルシー)」のMIYU(21)が27日、都内でソロ初写真集「Birth」の発売イベントを行った。

 MIYUはチェルシーとして活動すると同時に、グラドルとしても雑誌を席巻している。

 ある漫画誌による次世代のグラビアクイーンを決める読者投票企画でもグランプリを獲得した。初写真集はグアムで撮影。自他ともに認める“雨女”とあって、撮影時の天候を心配していたが、なんと全日程が快晴という奇跡も起きた。

「(撮影の)3日間くらい『どうしたんやろう?』というぐらい晴れました。一緒にグアム旅行に行っている気分になるような写真集になっています」
 この日は、MIYUの21歳の誕生日。スタッフからケーキが用意されたが、それを運んできたのはチェルシーのメンバーだ。サプライズ演出にMIYUは「うれしいと叫びたい!」と大喜びしていた。

 2016年にデビューしたチェルシー。MIYUは当初グループの“末っ子”というポジションだったが、今や立派にセンターを務めている。グループの飛躍にかける思いは強い。「MIYUのグラビアでの活動をきっかけに、チェルシーを知るファンが増えている。チェルシーは全員の息がピッタリ合ったシンクロダンスが持ち味で、初めて見た人たちを驚かせている。実力は折り紙付きでブレーク間近と言われている」と音楽関係者。

 グループ名はCherry Seeds(桜の種)の造語で、「多くの人を魅了する花を咲かせる種」という意味が込められている。満開の日は近い。