近藤春菜 エルトン・ジョンからの直営業なら大歓迎「ありがたい!影武者みたい」

2019年08月15日 21時53分

近藤春奈(左)と箕輪はるか

 お笑いコンビ「ハリセンボン」(箕輪はるか=39、近藤春菜=36)が15日、都内で行われた映画「ロケットマン」(23日公開)ジャパンプレミアブルーカーペットイベントにスペシャルゲストとして出席した。

 同作は、英国の歌手であるエルトン・ジョン(72)の半生が描かれている。

 近藤は大きなグッチのサングラスをかけ、エルトンそっくりの衣装で登場。箕輪が「自分の半生が映画になるってどんな気分ですか?」と振ると、近藤は「エルトン・ジョンじゃねーよ!」と持ち前のネタで笑わせた。

 近藤は「2〜3年前から『エルトン・ジョンさんじゃないんですか?』というフリをしていた。映画をやるなら絶対に他の人に(仕事を)渡したくない。イベントがあればやりたいと思っていた」と明かした。

 所属する吉本興業では、反社会的勢力のパーティーに芸人が事務所を通さずに出席した闇営業騒動が世間を騒がせている。

 報道陣から「今日は直営業で来ているんですか?」と問われると、近藤は「これが直の営業なら、エルトンから来るんですかね? そうなら、ありがたい。日本の影武者みたいですね!」とジョーク交じりに語った。