現役時代から“隠れ巨乳”説も! 木村沙織にグラビア界が熱視線

2019年08月14日 17時00分

身長185センチの木村はグラビア映えするはずだ(左は織田)

 女子バレーボール元日本代表の木村沙織(32)とプロフィギュアスケーターの織田信成(32)らが13日、都内で行われた「東京2020大会協賛くじ」発売記念イベントに登場した。

 来夏の東京五輪・パラリンピックを応援する宝くじ(1枚200円)が14日から発売される。1等は、前後賞合わせて1億5000万円だ。

 現役時代は五輪に4大会連続で日本代表に選出された木村は、1年後に迫った東京大会を前にして「テレビで応援することを楽しみにしている」と話した。解説者としてテレビ局からオファーされる可能性もあり、織田から「(オファーは)これからこれから」と指摘されると、さほど興味はないのか苦笑いだ。

 現役時代は「サオリン」の愛称で親しまれた木村。女子バレー界のヒロインにして全日本の主将を務めたが、素顔は天然系で知られている。

 2017年の引退セレモニーでは「え~と…」と言葉が出てこず「最後までグダグダで本当に申し訳ない」と頭をかいたほど。解説には向いていないと自覚しているのかもしれない。

 だが、需要はほかにもある。それはグラビアだ。現役時代から木村は「意外に巨乳なのではないか」と、そのグラマラスなボディーにも注目が集まった。日本代表という厳しい制約から解放された今、出版関係者が熱視線を送るのも自然の流れだろう。

「フォトブックを2冊出しているけど、本格的なグラビア撮影は実現していない。来年の東京五輪に向けて取材も殺到するだろうし、その余勢でグラビアのオファーをかければ、あるかも」(同関係者)

 もちろん、16年にインドアとビーチのバレー選手だった日高裕次郎氏と結婚したため夫の許可は必要だが、ファンの期待は大きい。東京五輪前に、サオリンがグラビアを解禁する日は来る!?