辻仁成氏「親子共作ソング」をデジタル配信

2019年08月13日 14時32分

ユニット「辻仁成 with 息子」がリリースした「トワ・エ・モア」

 作家でミュージシャンの辻仁成氏(59)が本紙インタビューで明かしていた「親子共作ソング」がデジタルリリースされたことが13日、明らかになった。

 辻氏の息子(15)は10歳から本格的にビートボックスをはじめ、フランスチャンピオンらのグループに招かれるなど、アーティストの才能が開花寸前。その息子が最近できた彼女のために作った曲「トワ・エ・モア」(あなたと私の意)は父・辻氏が作詞を担当、作曲を2人で、そしてアレンジ、サウンドプロデュースを息子が担った。ミックス、マスタリングをエンジニアの磯江俊道氏が担当している。ヨーロッパの最新ビートを取り入れたメローで切ないナンバーだ。ユニット「辻仁成 with 息子」は、あえて息子の名前が明かされていない。

 10月12日には辻氏の生誕60周年記念コンサート「RENAISSANCE〜60th ANNIVERSARY CONCERT〜」が開催予定で、辻氏は「親子セッション」実現のため、息子を鋭意説得中。果たして共演実現となるか?