草なぎ主演映画「台風家族」 フラワーカンパニーズが主題歌担当

2019年08月05日 18時29分

主題歌を歌うバンド「フラワーカンパニーズ」(カレン提供)

 元SMAPの俳優・草なぎ剛(45)が主演する映画「台風家族」(市井昌秀監督、9月6日公開)の主題歌が、ロックバンド「フラワーカンパニーズ」の書き下ろし曲「西陽」に決定したことが5日、公式サイトで発表された。

 映画は市井監督が構想から12年間、温めてきたてきた“両親への想い”を形にしたオリジナル脚本。銀行強盗を企てて2000万円の大金と共にこつぜんと姿を消してしまった両親の“なんちゃって”葬儀を行うために、10年ぶりに集まった兄弟たちの、いとおしくも、めまぐるしい夏の一日の物語となっている。

 市井監督からラブコールを受け、完成前のラッシュをミタフラワーカンパニーズのメンバーは快諾し、楽曲を書き下ろし。市井監督からの「攻めてください」との依頼に、作詞・作曲を手掛けたボーカル・鈴木圭介(50)は「ラッシュを一回だけものすごく集中して見て、その興奮と感触を忘れないうちに曲にしました。歌詞は映画の内容に沿わせすぎず、かつ離れすぎないように書きましたが、結果、自分のことを歌ってしまいました。偶然ながら同じ鈴木家だし、監督のOKが出たので大丈夫だったんですよね?(笑い)」とコメントを寄せた。

 また、この日「台風家族」の特報映像も公開された。