岩田剛典 写真集でコラボ“カメラマン”永瀬正敏の褒め言葉に「恐れ多い」

2019年08月04日 14時35分

永瀬正敏(左)と岩田剛典

「EXILE」「三代目J SOUL BROTHERS」の岩田剛典(30)が4日、都内で行われた3作目の写真集「Spin」の発売記念イベントに、撮影を担当した俳優で写真家の永瀬正敏(53)と出席した。

 2人は昨年6月公開の映画「Vision」での共演で親交を深め、永瀬が撮影を行うことになった。3年ぶりの写真集となる岩田は「僕が30歳になり、節目の年ということで何か世に作品を残したいと思って。構想から1年くらいかけたプロジェクト。こうして日の目を見られてうれしい。とても光栄なこと」と語った。

 永瀬から「いろんなシチュエーションの中で撮影する中で、岩田くんは目の奥が変わっていく。言葉より目で表現するんだなと思った」と明かされると「恐れ多い。現場に入ると、永瀬さんがポーズなどを作り込んだ感じでディレクションしてくれて、スムーズに撮影できた。たくさん準備を重ねて、ゴールが見えた形で僕が撮影に入れるようにしてくれた」と感謝した。

 お気に入りショットについて問われると「僕は廃虚の中で、たくさんのバレリーナの方と羽が舞う世界観の中での作品は、劇的な瞬間を収めたカットで好き」。これに永瀬も「彼の中にある、いろんな感情をバレリーナで表現できたらと思って」と語った。