加藤浩次 ロンブー淳の会見に「テープなんて、もうないって」

2019年08月02日 09時29分

淳の「テープ」発言に加藤(顔写真)がツッコミ

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(45)が1日にキャラクターのマネジメント会社の設立会見を開き、謹慎中の相方・亮(47)の現況に言及した。日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」は2日、この話題を取り上げ、淳の発言に注目した。

 淳は会見の冒頭で取材陣に「僕が言うまでもないですけど、きちんとテープの方は回していただいて取材をして」と笑いを誘うと、吉本興業の岡本昭彦社長(52)の“グダグダ会見”をイジるように「5時間半かからないように頑張ります」「カメラを向けられると緊張する。これだけ向けられたらウチの社長もしゃべれない」など、随所にジョークを交えて会見を盛り上げ、亮とは「毎日(電話で)話してます」と、密に連絡を取っていることを明かした。

 番組MCの「極楽とんぼ」加藤浩次(50)は「このタイミングで会見を開いて、そこでの質問を全部笑いに変えて答えた淳ってすごいと思う」と感心してみせたが、淳の冒頭の発言にこだわり「でもテープなんて、もうないって。ないと思うよ。今、このスタジオのカメラだってテープじゃないし。まあ、そこを言っても仕方ないんだけど」とツッコミを入れて共演者やスタッフたちを笑わせた。