アンジャッシュ渡部 愛犬マロンは息子の「お姉ちゃんみたい」

2019年08月01日 13時30分

「アンジャッシュ」の渡部(右)と児嶋

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」(児嶋一哉=47、渡部建=46)が1日、都内で行われた映画「僕のワンダフル・ジャーニー」(9月13日公開)のPRイベントに登場した。

 同映画は、命が尽きても、また別な犬に姿を変えながら何度も生まれ変わる犬「ベイリー」と家族の絆の物語。

 2人はペットを連れて登場し、児嶋の愛犬「ネネちゃん」と渡部の愛犬「マロンちゃん」が映画のアンバサダーならぬ“ワンバサダー”に就任した。

 愛犬とのエピソードを聞かれた児嶋は「夫婦喧嘩をしていると、ネネちゃんが間に入って喧嘩を収めようとしてくれる」と話すと、渡部は「児嶋家は夫婦喧嘩が絶えませんからね」とジョークを飛ばした。

 児嶋は「いやいや喧嘩はめったにしないよ。変な取り上げ方するんじゃないよ」と突っ込むも「ま、まあ、たまに喧嘩するくらいですよ」と動揺しているようだった。

 渡部は昨年、妻で女優の佐々木希(31)との間に生まれた長男がマロンちゃんを叩いたり、しっぽをつかんだりすることがあるとしたうえで、こう続けた。

「マロンは嫌がらずにおとなしくしていて、子供と遊んであげているような感じがして、まるでお姉ちゃんみたい」と新しい家族の誕生を機に見えた、愛犬の頼もしい一面に感動していた。