不惑の色気を振りまくISSAの秘密

2019年07月29日 17時00分

舞台あいさつに登場したISSA

 7人組グループ「DA PUMP」ISSA(40)らが28日、都内で行われた映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」の舞台あいさつに登場した。

 平成最後の仮面ライダー作品の劇場版。DA PUMPの最新シングル「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」が主題歌に起用され、ISSAは仮面ライダーバールクス役を務める。またほかのメンバー全員もゲスト出演した。

 熱烈なライダーファンというISSAは「今回やっと変身することができた」と初のライダー役に感無量の表情を浮かべる。念願だった変身ポーズは「(撮影の)合間にずっと練習をしていた」と力が入ったようだ。

 同作は無事に公開され、「今日もまた涙してしまった」と語る場面もあり、“ライダー愛”の熱弁は止まらなかった。

“バイーンダンス”と呼ばれる振り付けが人気の同曲については「ジオウの世界観を盛り上げるような1曲になったのは、すごくうれしい」と声を弾ませた。

「U.S.A.」で昨年、再ブレークしたが、40歳になりさらに色気が出てきたと評判だ。その秘密は――。

「昨年6月に結婚を発表したお相手の女性は、美容関係の仕事をしていたとか。愛妻からも美容のアドバイスを受け、もともと男前だったルックスに、一層磨きがかかったのでしょう」(ワイドショー関係者)。都内からわざわざ遠方の美容クリニックに通うこともあるという。

 モテ男だけに浮気が心配だが、今年4月に誕生した第1子(性別は非公表)にメロメロだそうで、杞憂に終わりそうだ。

【関連記事】