吉本が宮迫との契約解除を発表

2019年07月19日 13時28分

宮迫博之

 吉本興業は19日午後1時、人気お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)のマネジメント契約解消をファクスで発表した。

 契約解消は「本日7月19日(金)付」とし、その理由についてはこう記している。

「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、上記決定に至りました」

 この日発売の写真誌「フライデー」に、2016年に福岡で起こった金塊強奪事件の被告(逮捕は17年)らと一緒に撮った写真が掲載されたことがダメ押しとなったのは明らかだ。吉本側は「多くのファンのみなさま、関係各位に多大なるご迷惑ご心配をお掛けしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます」とファクスを結んでいる。

 なお、宮迫本人が最後に会見するとの情報もあったが、会見の予定はないという。